ひざ下脱毛

ひざ下(膝下)脱毛ってうまくいかないの?

ひざ下(膝下)脱毛に関する画像

レーザー脱毛や光脱毛は、無駄毛の毛根部分に光を照射して脱毛効果をもたらす脱毛方法です。光りを照射する理由は、毛根のメラニンに反応させる為でしょう。

 

メラニンは、レーザーの光を吸収すると熱くなります。この熱が、毛を作り出す毛乳頭を刺激して毛が生えない状態へと変化させるのです。

 

どちらもしくみは同じですが、光りの強度などの関係でレーザーの方が光脱毛よりも強力となっているのです。光の照射により破壊された毛乳頭は変質してしまい、新しい毛が生えない状態となってしまうでしょう。

 

この時、毛根が太ければ太い程光りを集めい易い状態となっているので、毛が太い部分の方が腕脱毛の効果を実感しやすいのです。腕や顔などの毛はもともと細く、光りを当てても毛乳頭が変質しきれない場合があります。もちろん脱毛効果を実感することはできますが、十分な効果を得られず脱毛に時間がかかってしまうでしょう。

 

逆に脇やひざ下部分は毛が太く、光りを当てるとしっかりと毛乳頭が変質するので、1回から3回程度の処方でも十分脱毛の効果を実感することが出来るのです。

 

しかし、レーザー脱毛と光脱毛ではひざ下脱毛に効果は大きく変わってきます!

 

そのため、ひざ下脱毛をするときには料金は高いのですが、脱毛の効果が高いレーザー脱毛にするのか?料金は安いのでは永久脱毛の効果はない光脱毛にするのかをしっかりと考えるのがすごく重要なポイントになります!

更新履歴